苦手だった「りんごの皮」が一変大好物に!

今後もしばらくアレンジにはまりそうです

しかも、こちらも簡単に作れます。
剥いた皮を好みの大きさに刻んだら、鍋に入れりんご1個分の皮に対して砂糖を大さじ2分の1強加えます。
その後、少し放置して皮から少し水気が出てきたら、大さじ1くらいの水を加えて後はひたすら火をかけます。
この際、皮は一旦白っぽくなるのですが、その後キレイに赤いに染まるので適宜水を加えながらひたすら煮詰め、最後にレモン果汁を数滴加えたらあっという間に砂糖煮が完成。
この砂糖煮はそのまま食べてももちろん美味しいのですが、ヨーグルトやアイスクリーム、さらにはパンケーキに入れても美味しくてすごく気に入っています。
今では、これが食べたいからりんごを食べていると言っても過言ではないほどです。
さらに、色々調べてみるとりんごの皮を使って作れるメニューは数多くあることがわかり興味津々です。
買うものだと思いこんでいたりんご酢も、実は米酢などの好きな酢に氷砂糖とりんごの皮と芯を加えたら簡単にできてしまうということをはじめて知りました。
また、甘い方向での調理場から胃をイメージしていましたが、皮を使ったきんぴらという変わり種レシピもあるとか。
その際には他の野菜の皮なども駆使するとより美味しくなりそうなので、この先りんごはもちろんあらゆる皮料理の虜になりそうです。
それにしてもこれまで捨ててしまっていたのが本当にもったいなかった栄養豊富でしかも美味しいりんごの皮。
今後もしばらくアレンジにはまりそうです。

数あるフルーツの中でも個人的に一番好きなのは、「りんご」 / 皮のみを使ってできるレシピを色々試してみることに / 今後もしばらくアレンジにはまりそうです